二次創作ノベル

やほやほやほやほ ピサロなのですますよ

 今日もおうどん日和ですねー 
 後で生クリームマシマシを頂こうと思います 

 さてさて もう知ってると思うのですが、ピサロは今月末で引退することになりました 
 と言ってもちょっと実家に戻るだけなんですけどね 

 色々な事があったなーって思ってます 
 て言ってもゲームしたり、雑談したり、お歌を歌ったりしてただけですけどねー 

 あとあと、他の皆と遊んだりもしましたね 
 ゲームしたり、ゲームしたり、ゲームしたり?
 いやもうゲームしかしてないじゃん、て言うかね 
 良いんですよ、楽しかったから 

 そんなピサロですけれど、いつも配信を見てくれる人のおかげで、毎日楽しく暮らすことが出来ました 
 本当に、ありがとうございます 
 ピサロは幸せな記憶でいっぱいです 

 おうどんも、ゲームも、お歌を歌うのも好きですますけど 
 何よりもみんなとわいわいやるのが、一番好きだったりするのです 
 ……恥ずかしからあまり言いたくないですけどねー 

 あとは、そうですねー 
 ビータスクリエイションのみんなも、大好きですますよ 
 実家に戻る前にみんなにハグしていきます 確定です 
 
 もっと遊びたかったけど、仕方ないのでみんな我慢してください 
 しばらくしたらまた戻って来ますから 
 その時はまた、一緒にゲームしたり、だらだら雑談してください 

 そんなことよりおうどん食べたいですますね 
 いやいや、そうじゃなくて、今日はもうちょっと真面目にやらないと怒られる気がしますね 
 でも真面目にって言われてもどうしたらいいんですかね?

>大丈夫だよ<
>いつも通りでいいよ<

 そうですか? では、いつも通りにやります 
 とりあえずお腹すいたので何か食べてきますね 
 ……え? ダメ? そうですか なら辞めておくですます 

 では代わりに角を飛ばして……え、それもダメ? そうですかー 
 いつも通りって難しいので、とりあえずゲームしましょうか 
 ほら、コントローラー持ってください 
 一緒に敵さんをぶち殺しましょう 
 
 いつか、お別れの時間が来るまで 
 ピサロと一緒に遊んでください 
 
 ついでにお歌でも歌うですます?
 選曲はー……そうですね 
「グッバイ宣言」なんて、どうでしょう?
 今の私たちにピッタリだと思いませんか?

 まだまだ時間はあるのです 
 もっともっと、ピサロと一緒に楽しみましょう!

文:くろひつじ
絵:HAta

二次創作ノベル

「あぁ、あなたですか。私に何の用ですか?」

 学校の屋上に呼び出したハツメさんに、問いかけられた。

「ハツメさんが自主退学するって聞いたので」
「ありゃ。バレちゃったんですね……あなたには内緒にしていたんですけれど」

 含み笑いを浮かべ、楽しそうに笑う。
 この顔は知っている。如何にしてこちらをからかおうかとしている顔だ。
 けれど今回は先手を打ってみた。
 用意しておいた贈り物を取り出す。

「え、プレゼント?私にですか?」

 手渡したのは三つ葉のクローバーの栞。
 あまり読書をしなさそうな彼女には似合わないかも知れないけれど、それでもこれ以外に思い浮かぶ物が無かった。

 花言葉は希望、信頼。
 そして、愛情。
 それがどこまで通じたか分からないが、彼女の事だ。全てお見通しだろう。
 その証拠に、頬が若干赤く染っている。

「あぁもう……だからあなたは苦手なんですよ。こちらのペースを掻き乱してくれて……本当にやりづらい人でしたね」

 ほんのり上気した顔で笑う。
 それは何処か少女らしく、年相応に見えた。

「まぁ、私と離れたくないなら連れていくって手段もありますけど……どうします?」

 イタズラな声に、揺れた。
 けれど、その言葉に即断できる勇気はない。
 だからこその贈り物だ。

「まったく……あなたは苦手な部類でしたね。こんな私にはいつも優しくしてくれて、対応に困りましたよ」

 赤い頬を隠すように、顔を抑える。

 彼女は変わった人だ。
 人懐こく、明るく。しかしかなり特殊な性格をしている。
 常に武器の手入れをしていて、最初は近寄りが難かった。しかし、それもいつしか慣れてしまい、その独特な個性に惹かれていった。

 離れるのは寂しい。けれど、仕方の無いことだと思う。
 なにかしらの事情があるのだろう。そこまで踏み込める仲でも無い。

 それでも。伝えたい思いがあった。

「貴女と離れたくありません。どうか、残ってもらえませんか?」
「あー…ごめん。それはできないんだなー」

 いつもの笑みで、どことなく残念そうに告げられた。
 それだけでも、栞を渡したかいがあったと言うものだ。

 最初から報われない恋だと感じていた。
 けれど、伝えずには居られなかった。

「貴方の気持ちは嬉しいよ。こんな私にいつでも優しくしてくれて、恥ずかしいけど嬉しかった」

 普段とは違う、儚げな笑み。それに対して、特に何も出来ない自分が腹立たしかった。

「それにまぁ、君だけだったかな。こんな私を本当の意味で受け入れてくれたのは」

 はにかみながら、また顔を隠す。
 若干。頬を染めているのがわかった。

「あぁもう……こういうのはガラじゃないってのに」

 言いながら、彼女は恥ずかしそうに両手で顔を隠した。
 耳まで赤い。照れているのだろうか。
 そんな彼女もまた、愛らしく思う。

「…ばいばい。またいずれ、どこかで。その時は、ターゲットじゃない事を願うばかりだね」

 それは、初めて本音を語って語ってくれたような。
 どこか、らしくない笑顔だった。

 彼女のラストスマイル。
 それを残して、彼女の姿は不意に消えてしまった。

 生憎こちらは諦めが悪い。どこまでも追いかけて、真意を突き止めてやる。
 そして次は遠回しでではなく、直球で言葉を告げるつもりだ。
 不意打ちに弱いのは分かりきった事。ならば、そこを攻めるまで。

 次に会った時に同じ関係で居られるとは思っていない。けれど、彼女の拷問を受ける覚悟なんて、とうの昔にできている。
 その間、愛を囁き続けてやろう。
 その後は、ただ返事を貰うだけだ。

 またいつか、出会えたときに時に渡すのは赤い菊。花言葉は 「あなたを愛してます」

 彼女には送るには相応しいと思う。
 また照れて暴走するだかろうか。
 それでも、告げずには居られない。

 去り際に残した笑顔があまりにも美しく儚げで、悲しそうだったから。

文:くろひつじ
絵:HAta

タレント一覧&デザイン設定,ビータスクリエイション

「ビータスクリエイション」は、INSIDE SYSTEMさんが運営しているVTuberプロジェクトです。

所属メンバーは7名です。

・ジラ:元気担当
・トニ:完璧淑女
・プランデッリ:歌ったりゲーム
・アレスロ:騎士団長
・レイフォン:てぇてぇ姫
・(3末まで)ピサロ:乙女ゲームとFPS
・(休止)ハツメ:クソみてぇなカスくのいち

ここから下の動画をザッピングして頂ければ概要伝わるかと思います。

その他詳細はファンメイドgoogleスプレッドシート等をご覧ください。

■ジラ

ジラ:自己紹介
ジラ:愛車紹介

■トニ

トニ:自己紹介
トニ:刹那の見切り

■ピサロ

ピサロ:自己紹介
ピサロ:歌ってみた

■プランデッリ

プラン:自己紹介
プラン:APEX切り抜き

■ハツメ


■アレスロ

アレスロ:初配信

■ルイフォン


ご意見、修正箇所ありましたらこちらまで!

タレント一覧&デザイン設定,ビータスクリエイション

(全身イラストは、青文字の名前ん所でアクセスできます)

■ジラ

・ファンアートタグ:#じらすとや


■トニ

・ファンアートタグ:#アトニエ


■ピサロ

・ファンアートタグ:#ぴさろぐ


■プランデッリ

・ファンアートタグ:#プランの宿題
・ファンアートタグ(18禁):#プランの秘め事


■ハツメ

・ファンアートタグ:#ハツメ絵巻
・ファンアートタグ(18禁):#ハツ密

イベント,びたうぃーく